北鎌倉の家 改修工事

9月から鎌倉で改修工事を行っております。
今回のプロジェクトの1つが、重厚感のある鉄骨階段を架け替える
という、かなりヘビーな工事となっております。
先ず、木部の踏板砥石をはがし、その後バーナーで細かく切断して、解体していきます。これから、壁のGLもはがしてきれいにしなくてはなりません。 階段を支えていたRCの控え壁もきれいにはつり、撤去しなければなりません。

これが、新しい階段です。片持ちの構造の為、ササラ部は厚み12ミリ、
踏面、蹴込部は、9ミリ厚。
折り曲げなしの、完全溶け込み溶接。

重いので、チェーンブロックで吊り上げてアンカー固定。 全部で4ブロックに分けて、納品し現場で溶接しています。
新築ならば、階段ひと塊をラフターで吊ることができるのですが、
改修工事となると、そうはいきませんからね。全てが溶接され一体化することで、揺れやたわみなどが無くなり
安定感が出ました。
納まってしまうと、今までの大変さが嘘のような。
台風一過みたいな感じです。
次回は、天井を投稿したいと思っております。